龍岡会の調理システム
「福祉新聞」で龍岡会の調理システムが紹介され、Yahooニュースでもピックアップされています。
タイトルは「1本の点滴より1杯の食事」。
新調理システムで品質の高く美味しい食事を提供する取り組みについての記事です。
記事詳細はこちらでお読みいただけます。
自家菜園
昨年もたくさんの野菜を実らせた菜園。
ちいさなスペースですが、今年も苗を植えました。
トマト、胡瓜、茄子。
九条葱は種まきを。
これからどのように育つか楽しみです。
蔵見学
美味しい酢を、日本古来の静置発酵という方法で作り続けている飯尾醸造の、蔵を見学させてもらいました。
大きなタンクには、微生物たちの呼吸が聞こえます。
自分たちで無農薬で育てた米から糀をおこし、酒母にして酢酸菌をつけて酢になるのを待つ。
手間隙をかけ、微生物がうまくはたらく環境をつくることで、美味しくなります。
そして、食べることは命を頂くことだと、つくづく感じさせられます。
漁港にて
おいしい米作りの基本、田植えを体験したあとは、宮津の漁港へ。
宮津は良質の魚で知られますが、ちょうど身の厚いアジやエボダイが旬。
美味しい干物のお店「カネマス」で、魚の買い付けから魚をさばき、干物にするまでを体験しました。
開いた魚を調味液に漬け、干します。
魚本来の旨みを生かすため、良質の調味を、そして干す時間もごく短く。
こうして天日で短時間干すと、あらゆる旨みが凝縮して、とても美味くて身のふんわりした干物の出来上がりです。
棚田にて
京都宮津には、美しい棚田が広がっています。
ここに、栄養部のスタッフが田植えのお手伝いをしにいきました。
無農薬の稲作をしているのは、美味しい酢をつくるための米を自社で栽培している飯尾醸造。
田植えの仕方を教わりながら、半日でたくさんの稲を植えることができました。
たんぼに広げている黒いものは、時間が経つと自然に還る、マルチシート。農薬を使わずに害虫を避けるため、この紙で覆いながら田植えします。
1
2
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリー